本文へスキップ

社会基盤整備のお手伝いをして30年。建設現場の仮設電気工事は、一貫管理の「エイデン」へお任せください。

電話でのお問い合わせは045-902-6166

〒225-0004 神奈川県横浜市青葉区元石川町3712番地16

社会基盤整備をお手伝いをして30年


株式会社日本栄電の代表取締役 福留 春美です。

弊社は創業以来「仮設電気工事」を通して、社会基盤整備に貢献して参りました。本年2014年12月に創業30周年を迎えました。
これもひとえにお客様を始め関係各位様のお陰と大変感謝致しております。

仮設電気工事」と言っても、なかなか馴染みがないかもしれません。弊社は土木工事を主体に、ゼネコン様の工事のお手伝いをしています。

例えば地下鉄のトンネル工事の場合、トンネルを掘削する機械、掘削した土砂を運搬する機械など、全て電気で動きます。
このような機械設備の電源を提供するための工事等を、「仮設電気工事」と言います。

今後、資源エネルギーがどの様に変化しても、それを元に電気エネルギーに変換するという仕組みは変わることはありません。従って、将来的に見ても弊社のような電気技術専門集団の需要は途絶えることはないでしょう。

社会基盤に終わりはありません。今までの実績に慢心せず、従業員と共に技術の向上に努め、

「より良い物を、より安全に、より安く」をモットーに、社員一丸となってお客様に、これまで以上のサービスを御提供する事を目指して参ります。



今後とも、なお一層のご指導ご鞭撻を頂きますようお願い申し上げます。





                                       平成26年12月吉日
                       株式会社日本栄電

                                            
                                                

                      このページの先頭へ

newpage1.htmlへのリンク